なごめるおかると
家紋って一家に一つだと思ってたが2つあるとこもあるのか・・・
なごめるおかると
朝から飼い主をソファーから追い出して寝るねこ
なごめるおかると
普段あまり仲良くない二匹が珍しくくっついていたので写真に収めた
なごめるおかると
毎年冬の間、寝る時は必ず猫が一緒だった。自分が眠くなったら人にさっさと布団に入れとにゃーにゃー催促するし、入ったら入ったで寝返りを打つと怒る。
なごめるおかると
うちは家鳴りがひどいと思ったら、天井裏にでかいヘビがいて・・・
なごめるおかると
ねこって液体ですか?夏はとろけてますよね
なごめるおかると
【画像】 箱好きな箱入り娘です。 金色の目が自慢( ´ ∀ ` )
なごめるおかると
今朝布団で一緒に寝ているねこ様がおぉぉぉぉ~と声を上げてるので目が覚めた。寝ぼけて揉んでいたものは・・・
なごめるおかると
親族の中に数人、戸籍の名前と普段呼ばれてる名前が違う人がいる。いずれも女性。 内一人は、その通り名(?)に因んだように子供がいない。
なごめるおかると
足の靭帯断裂で松葉杖ついて狩りに行ってるんですが、仕事用のリュックにねこがスプレーしてしまった・・・
なごめるおかると
ねこにちゃんちゃんこを着せてみた
なごめるおかると
コタツに入ってたら、ネコに靴下脱がされた。 靴下を取ろうと、コタツに手を入れたら・・・
なごめるおかると
自分家じゃないけど。 隣の家は5にちなんで人が死ぬっぽい
なごめるおかると
猫様って悪いところを必死に治してくれようとしているのでしょうね しかしその行為が下僕にとっての逆効果なのは多々あり…
なごめるおかると
長毛種、おふろびふぉーあふたー
なごめるおかると
実家近所の神社に初もうでに行ったら、 やったらでかくて人懐っこい猫さんがいて、 もふれ攻撃で、いやぁー大変だった!
なごめるおかると
そういえば、俺の苗字「○殿」っていうんだけど何か関係あるのかな?
なごめるおかると
【業界的にはどうですか?】 帯状疱疹が顔に出て、唸って寝込んでいるところに猫が・・・
なごめるおかると
うちのねこが偉そうな顔してるから撮ってみた
なごめるおかると
うちにもう8年近くネコがいてるんですが家に帰ると決まって玄関まで来てくれる。でもって足でなで回すとゴロゴロと鳴くが、その後決まって爪とぎに行く・・・
なごめるおかると
家の家系は勤め先が潰れます。父、母、私、弟の勤め先が潰れました。
なごめるおかると
今日暑かったもんね… シーツ替えたいからどいていただけないかな…
なごめるおかると
ノルウェイジャンか小型犬に間違われるうちの雑種ちゃん
なごめるおかると
初夢はマタタビや猫ジャラシ等を駆使し、出勤を妨害する猫達から逃げまくる ニャイオハザードなるものだった。
なごめるおかると
自分は、苗字が3回変わった。友人たちはそれぞれ、当時の苗字で呼ぶので、結局、いまだに全部使っている。
なごめるおかると
父が帰ってくると、はりきってお出迎えに走っていくうちのねこ。こんな熱烈なお出迎えされてみたい・・・
なごめるおかると
【画像】 やっぱり猫は肉食獣
なごめるおかると
部屋に入ったらねこがべーって舌出してこっちを見つめてた 毛づくろいしてて舌しまいわすれたっぽい
なごめるおかると
美男美女でモテモテ。国立大出で一流企業or一種国家公務員なエリート一族のなかで、私は唯一普通で不幸な事はないのだが「呪われた者」扱いされている。
なごめるおかると
うちのねこ10歳になるけど小さい、、、2kg無いかも、 画像貼るとみんな子猫っていうんだよね、
なごめるおかると
【画像】 治療中で毛づくろい出来ない可愛い
なごめるおかると
たった今、廊下のカーテンに猫がおしっこした。 奴は常習犯。どうしたらやめさせられるだろう。
なごめるおかると
江戸時代にご先祖さんが裁判官をしていた。そして無実の人を死刑と判決してしまったため 「七代末まで祟ってやる」 と言われる。
なごめるおかると
【画像】 暑さで開放的になったぬこたち
なごめるおかると
【画像】 こねこのにくきう祭
なごめるおかると
うちのぬこ様は、ある日突然どこからか迷い込んできた ぬこ様がうちで生活されるようになってまもなくのこと。・・・ぬこ様って頭いいんだね。
なごめるおかると
うちの家系は全員、37歳までヒッキーの無職。その後偉くなって金持ちになる。んでヒッキーのガキを養うというヒッキースパイラル。
なごめるおかると
うちのねこは瞬間移動出来るらしい。廊下に向かって走って行ったなと思ったら隣にいたり、隣で寝転がっていたと思ったら・・・
なごめるおかると
ウチのねこが小鳥をくわえてきた。小鳥には可哀想なことをした。たんぱく質は自分で取れとは言ってないんだがなあ。
なごめるおかると
父にひっつきべったりのうちのねこ。父帰ってくると、わんこみたいに尻尾を振って二本足で立ってお迎え。