鬼女速
保育所の若ママが卒園(3歳)まで預けようとしててモヤモヤする。旦那さんの稼ぎ一本で大変だろうに
鬼女速
嫁が友人に「二人で会われるのあんまいい気しない」と伝えていた。友人と関係が切れてしまうのは寂しい
鬼女速
息子に「パスタ」と名付けてしまった。アドレナリンが出ていておかしくなっていたとしか思えない
鬼女速
飯屋で「ごちそうさまでした」と言う人が気持ち悪い。特に食券制とかの先払いで言う人は重症だと思う
鬼女速
会社で社内SEをしてるキモオタのゲームデータを消したら大事になった。所詮はただのゲームデータでしょ
鬼女速
うちのお得意様の家に遊びに行ったら店員が盛大にリバースしてしまった。床も絨毯も服もグチャグチャ
鬼女速
うちの前は私道なんだけど隣家の来客が度々駐車してて車が出せない。隣人「近所は助け合うものだろう」
鬼女速
嫁が結婚前に全額キャッシュで購入した車の補償金が入金されたんだけど嫁が自分の金だと主張する
鬼女速
母の還暦祝いのために息子にサッカー大会を休ませたいが嫁がいい顔しない。気持ち良く参加させたい
鬼女速
兄は頭は良くて稼いではいるけど女性に免疫がなくてよく絵画や象牙のハンコなんかを買わされてる
鬼女速
発言力があるギャル系の子を怒らせてしまってから親友に無視されるようになった。親友「見守ってるね」
鬼女速
同棲してる家から元カノの服が出てきた。彼氏は元カノのモノは何一つ残ってないって言ってたのに
鬼女速
派遣の連中が忘年会は参加しないと言い出した。派遣「忘年会は構わないが会費が高すぎる」
鬼女速
防大に行った息子が帰省して学校に戻りたくないと泣きだした。心を鬼にするべきか優しくすべきか
鬼女速
彼女の親に挨拶に行ったら俺の生い立ちをディスられまくったのに彼女が庇ってくれなかった
鬼女速
2歳児と外食してたらおじさん達から罵声浴びた。おじさん「みっともない、うちでは子供の分も定食頼む」
鬼女速
旦那の友達からしまあじというでかい魚が送られてきた。魚なんて捌けないし丸ごと貰っても困る
鬼女速
隣のご夫婦が旦那様が専門卒で奥さんは高卒だと知ってガッカリ。学歴が全然違うのに生活水準が一緒か・・
鬼女速
飲食店で「ごちそうさま」と言うのはやっぱりおかしいと思う。松屋でリーマンがよく言ってるけど違和感がすごい
鬼女速
中学生の娘に「作業服着る仕事なんてありえない」と言われた。仕事をハッキリと貶されて凄い悲しかった
鬼女速
妹のところに中学時代のいじめっ子娘が菓子折り持って詫びに来た。いじめっ子「子供をいじめないで」
鬼女速
彼氏に「チョコは手作りより市販のが美味しい」と言われた。作る準備してたのに全部バカらしくなった
鬼女速
男性保育士に女児の着替えさせない問題はどうしようもない。保護者が慣れるまで待つしかない
鬼女速
ホテルのカフェ巡りが趣味なんだけど最高に男ウケが悪い。男「紅茶一杯1400円?!たっか!」 その2
鬼女速
どーしてもパン屋のパンが食べたくなってパン屋に子連れで行ったら周りの客と店員から邪魔がられた
鬼女速
クラスの問題児に暴力を振るわれた息子がやり返したらやり返すのはダメだと担任に叱られた
鬼女速
年の差夫婦見るたんびに怖くなってくる。契約でジジイの世話したり手を繋いだりするなんて奴隷みたい
鬼女速
遭難してた女を見棄てたら結婚する事になった。関わりたくないから無視して素通りしようとしたら・・
鬼女速
介護業界15年の俺が認知症運転事故について語る。認知症の人は免許なくても乗っちゃうから返納は意味ない
鬼女速
彼が婚約を解消したいと言って来た。彼の勤務先は共産党が禁止で彼の勤務先からストップがかかったみたい・・
鬼女速
娘の小さな失敗を見るとムカムカする。歳が違うだけでこいつは許されるんだと思うと顔が熱くなってしまう
鬼女速
嫁の友達に勝手にワイン飲まれてワイングラスも割られた。嫁友「嫁さんは優しいから許してくれると思って~」
鬼女速
ホームセンターで携帯拾ったから総合カウンターに届けたら無断使用を疑われた。親切で届けたのにガッカリ
鬼女速
ママ友の子が来る度に娘のお雛様の箱の上で全力で跳び跳ねる。ママ友「楽しいね。良かったね」
鬼女速
義父の介護負担がありすぎて子供が作れない。薄給で介護しながらどうやって子育てしろというのか
鬼女速
同じ保育園だった子のママに専業主婦疑惑が出てきた。保育園激戦区なのにそれはダメでしょ
鬼女速
無痛分娩で無事出産したから痛みレベルについてレポする。お産は痛みなかったけど後陣痛が苦しすぎる
鬼女速
私が原因で息子の婚約が破談となってしまった。息子からかかった費用全てを請求されててつらい
鬼女速
大きな道路で信号待ちしてたら駐車場から物凄い勢いでバックしながらセルシオが突っ込んできた
鬼女速
そこそこの企業に勤めている幹部だけど結婚出産を犠牲にした。両立が無理であろうご時世だったので諦めた