やすらぎ速報
「私も『お風呂に入れ、お菓子を食べて汚れた手を服で拭うな、お風呂に入ったら髪を洗え』なんて、こんなお年頃のお嬢さんに言うことになるとは思っていませんでしたよ」と言ったら、親は言葉をなくしていた。
やすらぎ速報
突然の病気で若くして入院手術をすることになった友人がいて、少額だが借金を申し込まれた。俺にとって恩もあった人物だったので、少額だったこともあって「返すのは100年後でもいいから」と言い添えて貸したが……。
やすらぎ速報
ボランティアしててすっごく嫌な目にあった。俺、幼い頃にアパートの住人の寝煙草火事に巻き込まれ、顔の半分の皮膚が爛れてる。ボランティアに行って手助けするはずの人たちから「ゾンビ」「病気が映るから触るな」と手助けを拒否された。
やすらぎ速報
文化服装学園?出身なのが自慢で人の着てる服のラインや縫製を一々話題に持ち出すA。私が着てるジャケットを他の人が誉めてくれたらこれは一見シルエットが綺麗だけど縫製が汚いから長くは使えない一回クリーニングにだしたらすぐ型くずれするよ、と蘊蓄語り。
やすらぎ速報
先の震災でAさんの地元が被災。サイトもツイッターの更新も途絶えたのでAさんが生きていてくれる事を毎日祈った。それから半年後、一般参加したイベントで偶然Aさんのサークルを発見。心臓が飛び出るほど驚いた。
やすらぎ速報
も、餅が……今年に入ってからでも義家から1升餅が2度。柔らかいうちに箱に入れて送ってくれるから切らなきゃならないけど、届く頃にはかたくて難儀する。旦那がいればやってくれるけど出張中だと荷物開けた途端に悲鳴上げちゃう。
やすらぎ速報
年末に父親が亡くなった。まだ還暦も迎えてないのに……それで婆の母親が一人残ったんだけれど、母は働くのがとても嫌い。結婚することにしたから仕送りしなさいって言ってきた。姉二人が養うから結婚しなさいよって言ってくれたのはなんだったのかしら。
やすらぎ速報
ある時はほぼ毎日メール、メールが来ない時は「メール書く時間がもったいなくてぇ」と電話してくる。しかしある時は、Aから来たメールへの返事についてサイトの日記で当てこすられ、メールも着信拒否。そこで身を引くと、また最初に戻ってべったり。
やすらぎ速報
精神科へ行ったら鬱と強迫障害、不安障害と言われた。友人Aがその薬何?としつこく聞いてくるので、喘息の薬だよ、と応えた。しかし鬱の薬だとわかると途端に「精神科ってどんな感じ?」「診察ってどんな風にするの?」と質問攻め。
やすらぎ速報
私「もう二度と預かる気はなくなったのでご安心を」夫の知人「え?あれ?いや誤解で…」とかアワアワ。知人が天涯孤独で父子家庭だったからってのもあって、「今週も預かってもらえないと本当にまずい!」って。正直知ったこっちゃない。
やすらぎ速報
焼き肉食べ放題でごはんを大盛りで頼んだら怒られた……。「はぁ? お前、なに頼んでるんだよ 頭おかしいんじゃないのか?」って。ごはんなんか食べたら肉が入らないって事らしいんだが。
やすらぎ速報
百貨店のサービスマネージャーから店長経由で「通行許可証に貼るから証明写真を撮ってきてね」と言われていたので3日ほど前に撮り意気揚々と研修に臨んできた。が、もらった通行許可証にはすでに証明写真が貼ってあり、どういうことかと社員に問いただした。
やすらぎ速報
【震災】必死に生きようとしてる人の維持装置切って、お前らの要望を聞くことが私たちの義務じゃない!と、えらい剣幕で看護師さんが怒鳴っていた。
やすらぎ速報
友達が子供にDQN名をつけようとしてる。女の双子なら百合カプの名前、男の双子ならやおいカプの名前だそうだ。それがどれも二次だからいいんであって、リアルではありえない名前。ちなみに双子じゃない場合の名前候補もDQNだらけだった。
やすらぎ速報
彼氏にその顔でデートに来るのやめて欲しいって言われてかなりショック。なんでも真っ白すぎて不自然なメイクと赤リップのバランスがどぎついとか…私の周りも皆遊び行く時はそのメイクなんだけどなぁ彼氏が流行に疎いと悲しい…。
やすらぎ速報
トメ「勿論1度だって譲られてほいほい座ったりしてないんでしょうね?妊婦如きが優遇されるなんてつけ上がるんじゃないよ。だから妊婦は非常識だなんだ言われるのよ!こんな非常識な嫁で産まれてくるこが可愛そうだ!」
やすらぎ速報
嫁が生活費から金抜いてヘソクリしてやがった。何に使う気かと思って数ヶ月泳がせてたら……泣いた。
やすらぎ速報
うちの会社はまぁまぁ大きな会社なんだけど、年齢や学歴よりも実力主義で体育会系のノリがまだあるような古臭いとこなんだわ。社員も高卒が5割で大卒4割、中卒1割って感じだった。そこに新入社員で国立院卒のAが入ってきたんだ。
やすらぎ速報
テストで上位5位に入れなくてそのたびによく殴られた。塾が終わった夜で俺が一生懸命勉強やっているのを監視するためにずっと後ろから監視をしていた事もあった。文句なんて言うもんならすぐにパンチが飛んでくる。逆らうことも出来ずストレスばかり溜まった。
やすらぎ速報
当方病気持ちのサークル主で友人は看護師軍団。友人らは本は出さないけど同人大好きの十年来の付き合い。私が憂いなくイベント行けるのもヤバそうならすぐに帰れるのも、本出せるのもみんな友人らのおかげです。
やすらぎ速報
母が「あんたらは生きて帰ってこなくてもいいわ」と言い放ち、大喧嘩になった。父は空気だし、私が母に加勢しても男2人の勢いはとめられず、兄と弟は散々母に暴言を吐いて、そのまま出ていった。 それ以降本当に帰ってきていない。
やすらぎ速報
【男前】自宅から「父が脳梗塞で倒れた、危篤状態」という電話が来た。真夜中で終電も夜行バスももう無く、パニクって半泣きで、友人A(♂)に父危篤で明日の朝一で自宅に戻る、とメールを送った。そしたら約10分後にAから……。
やすらぎ速報
電車に乗って運よく座れてた時、どうやらおばあさんが乗ってくる。疲れててうとうとしてると、Aに起こされる。A「ねえ、おばあさんが乗ってきたよ。席ゆずらなくていいかな」私「・・・あ?ああ、うん。そうだねえ、あの、良かったらここどうぞ~」
やすらぎ速報
別居中の父親が頻繁に帰ってきて不快。私は大学四年、春から就職決定済み。父は言ってしまえばヒモ。私が高校くらいのときまでは辛うじて働いてたけど、いつの間にか母が大黒柱で、父は小遣い程度しか稼げなくなってた。
やすらぎ速報
生活費や学費としてバイト代は一切入れていない高校生が、高校を体調不良で欠席しておきながら夕方からの飲食バイトには行く。そもそも本分であるはずの高校は休むのにバイト?っていう...当然高校の成績も進級怪しいくらい。でもやめません。
やすらぎ速報
断った時「ええ!なんで!?他に彼氏いたりするわけ!?そんなわけないよな!?」これで惚れる女がいたらその女は頭がおかしい。1年後に転職したが、転職先ではこんなへんな男は1人もいなかった。
やすらぎ速報
「時々、二人だけで思い出して笑ってたの。夫婦だけの秘密があるっていいものよ」とトメさんは笑った。
やすらぎ速報
一人自宅で留守番してた幼い息子だけ津波の犠牲になった。母が自宅に行き捜索してくれた。息子は自宅の2階にて発見され、その傍で飼い猫が息子に寄り添っていた。もう一度だけでいいので笑顔の息子に会いたい。
やすらぎ速報
会社の上司45歳の頭の中が不思議。「雪が2メートルも積もるとかあり得ないwww嘘でしょwwwだって俺見たことねえもんwww」とか普通に言い放つ。「俺見たことねえもん」は何かにつけ出てくるフレーズで、「俺は自分の目で見たこと以外信じない」とセット。
やすらぎ速報
バイトしてる会社の社長さんにマッサージをお願いされて1時間位のマッサージで1万円貰ってる。あり得ないくらい美味しいバイト。世間体とかを気にするなら絶対秘密にしてくれるということなのでこれを断るのはもったいないなと思う。
やすらぎ速報
犬の吠え声がして慌てて戻ったら犬が攻撃姿勢をして親戚に向かって対峙。私を見たらすぐに逃げてきた。叩く動作をしたら喜んだので、そのバカッぷりが面白くて本気で叩いたらしい。「これで叩かれるってことが分かったでしょ」と言われて私が親戚をぶっ叩いた。
やすらぎ速報
小中学生を対象に勉強を教えるボランティアをやってるんだけど、 この時期、受験目前になって勉強教えて!と言ってくる人がいる。普段から「勉強なにそれおいしいの?」とか勉強してこなかった人間が泣きついてくると、アホ、勝手に落ちろとしか思わない。
やすらぎ速報
元彼が日に日に霊能力者になって冷めた。霊が見えるだ何だ言う話を良くするようになって、けどその頃「本当にあった怖い話」というテレビ番組の全盛期だったのもあって「影響されたのかなーまぁそのうち飽きるかな」と思ってたらどんどん酷くなった。
やすらぎ速報
俺が休んだ翌日に後輩が突然「(俺)にもてあそばれた。たえられないので辞めます」と泣きながら退職願提出したと聞かされる→上司の事情聴取および周囲の野次馬に後輩が「僕たち付き合ってました」と告白。後輩とは何もないし、もてあそんだつもりもない。
やすらぎ速報
ラブレター渡されたんだけど、全く気が無かったから「申し訳ないけど受け取れない」って拒否。そしたら見てた友達から酷いだのなんだのメタメタに貶されて、LINE利用してまでこいつ酷いんだぜって言いふらされた。そんな言われるくらいひどい行為なのか?
やすらぎ速報
もう一軒家どころか夫に対する不信感が大きすぎてもはや家なんかいらない。このままだと無計画な夫に振り回されて、もう貯金潰されるどころじゃなくなる気がしてならない。家買うって本来は幸せなことなはずなのに蟻地獄に引きずり込まれてる感じしかしない…。
やすらぎ速報
Aさんと同じラジオ番組をお互い聴いてたらしく盛り上がった。その盛り上がった番組ってのが今はもう終わってしまったんだが、Aさんは特にその長寿番組の大ファンだったのでその後に始まった番組を全否定。
やすらぎ速報
好みが近づくほど些細な方向性で食い違うA。けれどずっと同じイベントスペースでやってる。ついに今年、Bも一緒に活動となるかと思ったが、Bは「委託はするけど店番は絶対嫌。一緒に行動するのも嫌」だってさ。
やすらぎ速報
夏目漱石の表現を今さらながら覚えたらしい旦那が「ねー見て!月が綺麗ですね」とか言ってたけど、私は……「タヒねば良いのに」と言って寝ました。
やすらぎ速報
この避難所…海、しかも湾に隣接しているんですが…しかもその訓練を行ったのは2011年10月。 あの大地震から半年ちょいしか経ってない。